中小企業診断士とはどんな資格?なり方・年収・将来性など総解説

中小企業診断士とはどんな資格?なり方・年収・将来性など総解説中小企業診断士
この記事ではこれがわかる!

中小企業診断士は、「経営コンサルタント」を認定する唯一の国家資格

・経営の診断及び経営に関する助言を行う

・平均年収は安定している

現在会社で働いていて、キャリアアップしたいと考えている人に特におすすめの資格

中小企業診断士は、経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格です。中小企業の経営・金融・財務に関して助言を行うことが中小企業診断士の業務となります。

日本にある全企業のうち99%以上が中小企業です。そのため、中小企業診断士の資格を所持していれば、日本にあるほとんどの企業と関わることができます。

中小企業診断士の活躍の場は多岐にわたっており、企業、NPO法人、公的機関などに所属して活躍する人もいれば、フリーランスとして活躍している人もいます。この記事では、そんな中小企業診断士の業務内容から資格試験まで、士業資格の教科書が幅広く解説していきます。

中小企業診断士とは

日本において、中小企業診断士は、「経営コンサルタント」を認定する唯一の国家資格です。国家資格であるため、年に一度実施される中小企業診断士試験に合格して中小企業庁に登録を行わない限り、中小企業診断士を名乗ることはできません。

中小企業診断協会は、中小企業診断士を「中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家」として定義しています中小企業診断士制度、中小企業診断士の業務とその役割』(中小企業診断協会)。

中小企業庁が毎年公表している『中小企業白書』(中小企業庁)によれば、日本における中小企業は全企業の99.6%を占めており、中小企業に従業する労働者は全体の約70%にものぼります。

中小企業診断士の業務は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行うことなので、このデータをみれば、どれだけ多くの企業や労働者と関わる仕事であるかがよくわかります。

中小企業診断士の業務は多岐にわたりますが、主な業務は経営の診断及び経営に関する助言です。中小企業支援法』(中小企業支援法)

さらに、こうした業務にとどまらず、中小企業診断士には、中小企業と行政・金融機関などを結びつけるパイプ役としての役割や、中小企業経営の専門的知識を活用した企業施策の適切な活用支援なども期待されています。

中小企業診断士の業務内容

中小企業診断士の主な業務は、企業の現状分析を踏まえ、企業の成長戦略の助言を行うことです。策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援を行うこともあります。

ほとんどの都道府県には中小企業の経営を支援する団体が設置されていて、中小企業診断士の多くがそうした団体に所属して業務にあたっています。また、企業のなかの経営管理や経営計画に携わる部門や部署に所属して、自社の成長戦略の実行にあたっている人も多くいます。もちろん、そうした団体に所属せずフリーランスで活躍する中小企業診断士もいます。

データでみる中小企業診断士』(中小企業診断協会)によれば、中小企業診断士の業務内容で最も多いのは、中小企業に対する経営支援業務」であり、次いで、「講演・教育訓練」などであることが示されています。

一般に、中小企業は様々な経営課題を抱えており、それらを解決したいと考えています。したがって、中小企業診断士に対するニーズも様々です。

より具体的に中小企業診断士の業務内容を紹介します。

中小企業診断士に求められる業務内容

・工場やオフィスの現場改善によるコスト削減の提言
・新事業計画のアドバイス
・新商品開発、販路開拓に関する業務
・生産性向上のためのIT化業務
・ロゴや社内ブランディングに関するアドバイス
BCP (Business Continuity Plan)策定
先代経営者と後継者の間を調整して事業承継計画を策定

中小企業診断士の年収

コンサルティング業務を行った日数が100日以上の中小企業診断士の平均年収は、739.3万円であることが明らかとされています。【参照】『データでみる中小企業診断士』(中小企業診断協会)

このデータによれば、最も構成割合の多い年収の層は、501~800万円以内(19.6%)となっており、年収1,000万円を超える中小企業診断士の資格所有者は約25%程度いることがわかります。

中小企業診断士のコンサルティング報酬のなかで最も一般的な報酬である経営指導に関する報酬は、1日当たり平均で97,000円となっています。

もちろん、毎日、経営指導を行うわけではありませんが、中小企業診断士の平均年収を考えるとおよそ1ヶ月に5件程度コンサルティング業務を行って報酬を得ていることがわかります。

中小企業診断士になるには?

中小企業診断士になるためには、中小企業診断協会が実施する第1次試験に合格しなければなりません。

第1次試験に合格したあと、次の2つのうち、いずれかの方法で中小企業診断士として登録すれば、中小企業診断士として名乗ることができるようになります。

(1)中小企業診断協会が実施する第2次試験合格後、実務補習を修了するか、診断実務に従事する。

(2)中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了する。

第1次試験

中小企業診断協会が実施する第1次試験は、中小企業支援法第12条に基づく国家試験となります。この試験は、中小企業診断士になるのに必要な学識を有しているかどうかを判定することを目的として実施されており、企業経営に関する科目について多肢選択式の筆記試験で評価されます。

一次試験は、年齢、学歴などに制限はないため、誰でも受験することが可能です。

第1次試験の出題範囲

1.経済学・経済政策
2.財務・会計
3.企業経営理論
4.運営管理
5.経営法務
6.経営情報システム
7.中小企業経営・政策

第2次試験

第2次試験は筆記試験と口述試験にわかれており、筆記試験では、A 組織・人事(事例Ⅰ)、B マーケティング・流通(事例Ⅱ)、C 生産・技術(事例Ⅲ)、D財務・会計(事例Ⅳ)に関する事例を読んで、設問に対して100字程度で回答することになります。

出題範囲
筆記試験A 組織・人事(事例Ⅰ)、B マーケティング・流通(事例Ⅱ)、C 生産・技術(事例Ⅲ)、D財務・会計(事例Ⅳ)に関する事例を読んで、設問に対して100字程度で回答
口述試験筆記試験の問題からランダムで出題され、10分程度で事例に対する回答を口頭で行う

第1次試験及び第2次試験に合格し、中小企業診断士として登録を行うことで、中小企業診断士になることが可能です。

中小企業診断士の魅力

中小企業診断士の魅力は、マーケティング、財務、法律、人事管理など、企業経営に欠かせない知識を幅広く活用できることにあります。中小企業診断士になる過程で身につける知識は、いずれも企業経営に欠かせないものです。

中小企業診断士になるということは、企業経営に欠かせない幅広い知識を身に着けていることの証拠となります。また、中小企業診断士になると、企業経営者と対等な立場で企業経営について議論することができるようになります。

経営課題のなかには容易に解決できないものも多くあります。そうした難題について、経営者と対等な立場で議論を行い解決に導けるパートナーは多くありません。中小企業診断士になれば、経営者にとってパートナーのような存在となることも可能です。

中小企業診断士はこんな人におすすめ!

中小企業診断士は、現在会社で働いていて、キャリアアップしたいと考えている人に特におすすめの資格です。中小企業診断士の資格を取得すれば、企業経営に欠かせない知識を幅広く身につけられます。

中小企業診断士の資格は、他の国家資格と比較すると、すでに会社で働いている人でも取得しやすい資格です。そのため、現在働いていて今後のキャリアアップを考えている人から人気のある資格となっています。

取得してすぐに実際自分が働く場面で知識を活用することができるのも魅力です。もちろん、中小企業診断士の資格取得後にコンサルティング会社に転職したり、コンサルタントとして独立するなど、資格を取得したあとの活用の場も広いため、将来の自分のキャリアについて考えているあらゆるビジネスパーソンにおすすめできる資格と言えます。

AI時代における中小企業診断士の将来性

 中小企業診断士の主な業務は、コンサルティング業務です。コンサルティング業務は、各企業が直面している経営課題に対する解決方法を経営者と一緒に考えたり、経営戦略を実行するための具体的な方法を考えることです。

中小企業の場合、利用できる資源も限られていることから、AIが社会に普及したとしてもすぐにAIが導入できるわけではありません。したがって、中小企業においては、中小企業診断士の業務がすぐにAIに代替されるという可能性は低いと考えることができます。

むしろ、中小企業診断士自ら、自身の業務のなかでAIに任せることができる部分とAIには任せることができない部分を積極的に切り分けて、AIには任せることのできない業務を中心に行っていくことが求められると考えられます。

そのためには、中小企業診断士自身が AIについて関心を持ち,情報収集やその理解を積極的にすすめていくことが必要です。

まとめ

中小企業診断士は、経営者の良きパートナーとして、中小企業が抱える経営上の悩みを解決していくのが仕事です。こうした仕事ができるのは中小企業診断士だけです。

ほとんどの企業が中小企業に該当する日本において、中小企業診断士に期待される役割は非常に幅広いものとなります。その分、中小企業診断士の活躍の場も大きく広がっており、AI時代を迎えても、そのニーズは高いままとなると考えられます。

すでに会社で働いている人であっても、他の国家資格と比べて取得しやすく、会社からも評価される資格であることも中小企業診断士の魅力と言えるでしょう。

この記事を書いた人
編集長カシワギ

士業資格の教科書編集長のカシワギと申します。コンテンツの作成とサイト運営を担当しています。士業資格のことならなんでもお任せください。

士業資格の教科書をフォローする

関連記事

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

この記事をシェアする
士業資格の教科書をフォローする
タイトルとURLをコピーしました