社会保険労務士とはどんな職業?業務内容・収入・将来性をわかりやすく総解説

社会保険労務士とはどんな職業?業務内容・収入・将来性をわかりやすく総解説社会保険労務士
この記事ではこれがわかる!

・社会保険労務士の業務内容とは

・社会保険労務士の平均年収ってどれくらい?

・社会保険労務士になる方法とは

・社会保険労務士の将来性は大丈夫?

「社会保険労務士」とは、社会保険に関する豊富な知識を有する専門家であり、社会保険に関する書類作成や手続きなど、その専門知識を持って多くの人の代行業務を行います。社会保険労務士の存在があってこそ、専門知識がない多くの人の助けとなっており、様々な手続きがスムーズにできるようになっていると言えるでしょう。

そんな社会保険労務士にはさまざまな業務があり、受験資格を得て試験に合格してもすぐに社労士にはなれないなど、難易度が高い資格です。いざ自分が社会保険労務士を目指すのであれば、これからご説明する内容を読んで勉強や将来性について考えてみてはいかがでしょうか。

この記事では編集長のカシワギが社労士について詳しく解説します。

社会保険労務士とは何をする人?

一言で社会保険労務士といっても、一体何をする人なのかピンとこない人も多いのではないでしょうか?実は、中にはお世話になったことがある人もいるかもしれません。社会保険労務士は、企業人事や労務、保険や年金といった労務管理のエキスパートとして活躍する職業です。

社会保険労務士とはどのような業務を行う専門家なのかご以下で詳しく解説します。

人事労務管理

社会保険労務士の主な仕事として挙げられるのが、人事労務管理です。人事労務管理は基本的に企業の総務部が行うものですが、企業によって採用している雇用形態は大きく違います。新入社員、定年退職、産休や育休を取る人、正社員はもちろん契約社員や派遣社員、アルバイト、パートなど様々な雇用形態が存在します。

そこで欠かせないのが、労働者が加入する健康保険や労災保険などの手続きです。前述の通り、こういった各種保険の手続きは企業の総務部が行うものの、保険の手続きに該当するものなのかなど、総務部だけでは判断が難しくて業務がスムーズに進められない可能性があります。

そこで社会保険労務士に依頼することにより、各種手続きを行う際に正しい手続き等を初めとする適切なアドバイスがもらえるのです。社会保険労務士は企業の総務部が抱える人事労務管理における、各種手続きの悩みを解決するアドバイスを行うのが主な仕事となります。

社会保険労務士が適切なアドバイスを行うことによって、総務部はそれぞれの各種手続きがスムーズに進められるのが大きなメリットです。これにより、労働者にとって良い労働環境を整えることができます。

各種手続きの代行

企業の総務部は保険関連の手続きを行うだけでなく、各種手続きに必要な書類作成や事務手続きなども行わなければなりません。

それぞれの労働者が加入する保険は総務部が代わりに行っているからこそ、安心して働くことができていると言えるでしょう。しかし、総務部は労働者一人一人の雇用保険や健康保険、厚生年金などに関連する書類作成、そして申請や給付などの事務手続き、さらに従業員の給与計算や労働基準監督署へ提出する書類の作成など非常に多忙です。

これらの手続きは総務部で全て行わなければならないため、多大な負担がかかることから手続きのミスが発覚したり法律違反に触れてしまう可能性もあります。

しかし、社会保険労務士に依頼することで以上の各種手続きを代行することにより、確実な手続きができるようになります。各種手続きを代行することによって総務部にかかる負担は大きく軽減されることになるだけでなく、手続きのミスや法律違反が無くなるので信頼性の向上に繋がるのがメリットです。

各種手続きを代行する社会保険労務士は、その専門知識を持って確実に依頼をこなすだけの技量や経験などが求められます。

年金に関するアドバイス

社会保険労務士は年金に関する豊富な知識も持っているため、個人・法人問わず年金に関する様々なアドバイスを行うのも業務の一つです。個人と法人ではアドバイスする内容が違うため、それぞれを対象とした年金に関する知識を兼ね備えていなければなりません。

年金にはどのような種類があるのか、加入期間に応じて将来的に支給され年金の総額を計算したり、年金の種類に応じてどんな手続きをすればいいのかなどを指導するのが社会保険労務士の役割です。

社会保険労務士になるには?

主な業務は上述した通りですが、社会保険労務士は国家資格なので相応の知識を得なければなりません。手続きのミスや法律違反などがあってはならない以上、一つのミスも許されません。そんな社会保険労務士になるには、厳しい道のりを乗り越えなければならないでしょう。

それでは、社会保険労務士になるにはどうすればいいのかご説明しましょう。

受験資格を得なければならない

社会保険労務士を目指すのであれば、まず受験資格を得なければなりません。その受験資格とは、『学歴』『実務経験』『厚生労働大臣が認めた国家試験合格』のいずれかを満たす必要性があります。

学歴、実務経験、厚生労働大臣が認めた国家試験合格については、それぞれ一つでも満たしていれば問題ありません。受験資格の詳細は、以下の通りです。

学歴

実務経験

厚生労働大臣が認めた国家試験合格

大学・短期大学・高等専門学校を卒業した人

社会保険労務士や弁護士の業務の補助に従事した期間が通算3年以上になる人

行政書士の資格を持っている人

上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した人

国や地方公共団体の公務員として行政事務にたずさわった期間が通算3年以上になる人

司法試験の第一次試験、高等試験予備試験に合格した人

修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間(62単位)以上の専修学校の専門学校を修了した人

労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員や従業者として実施事務に携わった期間が通算3年以上になる人

その他厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した人

試験に合格してもすぐに社会保険労務士にはなれない

受験資格を満たして国家試験に挑み、合格できたとしてもすぐに社会保険労務士として働けるわけではありません。

社会保険労務士として働くには、全国社会保険労務士連合会の名簿に登録する必要性があり、さらに2年以上の実務経験、もしくは連合会が定める指定の講習の修了のどちらかの条件を満たして名簿登録を行わなければなりません。

社会保険労務士の年収

社会保険労務士の年収は、2019年時点でおよそ480万円~500万円となっています。

男性と女性では男性の方が若干上ですが、それでも女性が活躍できる職業なので不利になるということは全くありません。年齢が上がってくるほど次第に年収も上がってくるため、経験を積むほど多くの年収が得られるでしょう。

社会保険労務士の将来性

社会保険労務士の将来性は、複雑化する労務管理ができるかどうかで変わると言えるでしょう。

というのも、今現在ではAIの発展によって個人でもインターネット上で確定申告や給与計算ソフトなどが活用できるようになったり、分からないことがあればすぐに検索して解決するケースが非常に増えているからです。

しかも上記の背景も相まって、社会保険労務士に外部委託する際のコストがもったいないと思って企業が可能な限り外部委託を減らす動きを見せているケースもあります。

そんな中で社会保険労務士ができるのは、より複雑化する労務管理法改正における最新情報、働き方改革における労働環境の見直し、各種ハラスメント問題、ブラック企業、若者の早期離職といった様々な労働環境に対応できるかどうかです。

以前よりも複雑化・加速化する労働環境問題に対応できるかが将来性を決めると言えるでしょう。

まとめ

社会保険労務士は、いわば人事や労務、保険や年金といった労務管理のエキスパートとして活躍する職業です。人から相談を受けてアドバイスを行うコンサルティング業務も行わなければならず、ルールや法律に則って適切なアドバイスを行わなければならないでしょう。

しかも度重なる法改正によってその都度ルールも法律も変わるため、そのたびに新しい知識を学ぶことも重要です。今現在では様々な労働環境問題が起こっているため、それらに対応できるだけの最新情報が手に入れられるか、なるべく最善のアドバイスができるかが重要になるでしょう。

この記事を書いた人
編集長カシワギ

士業資格の教科書編集長のカシワギと申します。コンテンツの作成とサイト運営を担当しています。士業資格のことならなんでもお任せください。

士業資格の教科書をフォローする

関連記事

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

この記事をシェアする
士業資格の教科書をフォローする
タイトルとURLをコピーしました