FP(ファイナンシャルプランナー)とはどんな資格?国家資格と民間資格の違い・年収・将来性などまとめて解説

FP(ファイナンシャルプランナー)とはどんな資格?国家資格と民間資格の違い・年収・将来性などまとめて解説FP
この記事ではこれがわかる!

・FP(ファイナンシャルプランナー)とはどんな資格?

・FPにはどうやってなれるの?

・国家資格と民間資格があるみたいだけどなにが違うの?

・FPの年収が高いって本当?

・AI時代におけるFPの将来性は?

いま、ファイナンシャルプランナーの認知度が日本でも上がっています。FPとは私たちの暮らしに必要なマネーの知識を伝える専門家のことです。

最近はテレビや雑誌などのメディアで目にすることも増えてきました。中には、ご自身のマネープランを考えていくうちにファイナンシャルプランナーという立場に興味を持つようになったという方もいます。

この記事では、FPとは具体的にどんな資格なのか、収入、将来性の面から詳しく解説します。

なお、記事中の関連記事をあわせて読むことで、より深くFPの情報を知ることができますので、ぜひご覧ください。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、生きるために必要なお金に関する様々な知識を持つ人生設計の専門家です。

日本の教育などではマネープランに関する勉強をする機会がありません。一方で、近年では人生設計や老後資金などに対して自助努力が求められています。

貯金を増やす方法や結婚・教育費・住宅費などの準備、家や車のローン、万が一何かあった場合に対応できる保険、定年退職後の生活費の準備など、ライフプランを立てる際には様々な角度から検討するための知識が必要です。

FPとは、人生を考えるにあたって重要な要素をひとつずつ組み立てながら安心して毎日を過ごせるためのサポートをする専門家です。

FPは誰でも名乗れるって本当?

実は、ファイナンシャルプランナーという肩書きそのものは誰でも名乗ることができます。弁護士資格のように基準を満たさなければ名乗れない資格ではありません。

とはいえ一般的には、FP資格を取得した方がファイナンシャルプランナーとして活躍しています。資格取得者であることは顧客から信頼されるためには大切なポイントのひとつとなります。

FP資格の種類

FPとは国家資格と民間資格の2種類に分類されます。

国家資格は「FP技能士」と呼ばれており、1級、2級、3級のレベルがあります。

民間資格には「AFP」と「CFP®︎」があり、AFP合格後にCFP®︎の受験資格を得られます。

これらの資格を持っている人の総称が「ファイナンシャルプランナー」です。それぞれのFP資格について詳しくみていきましょう。

FP技能士(国家資格)

FP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)は国家検定制度に基づいて行われる検定試験に合格することで得られる国家資格です。

現在、FP技能検定は日本FP協会と金融財政事情研究会の2団体が開催しています。実務経験のない方はFP技能士3級から、金融業界での実務経験がある方はFP技能士2級から受検することができます。

学科試験の内容は2団体とも共通していますが、実技試験は出題内容が異なります。また、日本FP協会が実施するFP技能士2級は、次の項目でご紹介するAFPの資格審査試験を兼ねています。

FP技能士はどの級においても、登録料や資格維持のための年会費は発生しません。次からご紹介する民間資格のファイナンシャルプランナーのような継続教育制度がないため、特に更新手続きをしなくても資格はずっと有効です。

【参照】『FP技能検定とは』(日本FP協会)

FP(ファイナンシャルプランナー)技能士とはどんな職業?活躍の場からなり方まで総解説
FP技能士は生きるために必要なお金に関する様々な知識を持つ人生設計の専門家です。国家試験に合格することで、FP技能士を名乗ることができます。FP技能士になると、金融関係の仕事で活躍することが可能です。

AFP(民間資格)

AFPとはアフィリエイテッドファイナンシャルプランナーの略称で、日本FP協会が認定している民間資格です。

受検要件が定められており、3FP技能検定に合格すること、ファイナンシャルプランナーとしての実務経験が2年以上あること、AFP認定研修の受講修了のうちいずれかに該当する必要があります。

日本FP協会が実施する2FP技能検定に合格し、AFP認定研修を修了することでAFPの認定を受けられます。

認定後は2年ごとに資格の更新が必要で、日本FP協会による継続教育の受講などで単位を取得・申請することで更新可能となっています。また、AFP資格はFP技能士資格とは異なり、登録費や年会費が発生します。

【参照】『AFP資格とは?』(日本FP協会)

CFP®︎(民間資格)

CFP®︎とはサーティファイドファイナンシャルプランナー®︎の略称で、北米やアジア、ヨーロッパ、オセアニアなど世界25の国と地域で導入されている民間資格です。

ファイナンシャルプランナー資格の中でいちばん高いレベルとなっており、日本FP協会が認定しています。AFP認定者が受検できる資格で、全6課目を合格した後、CFP®︎エントリー研修を修了することで認定されます。

また、認定には通算3年以上の実務経験も求められます。実務経験がない方は認定教育機関が実施しているみなし実務研修の受講・修了や日本FP協会が実施する各種研修の受講・修了により実務経験ありとみなされます。

CFP®︎として認定されると、日本FP協会ホームページよりアクセスできるCFP®︎認定者検索システムに登録することができ、インターネット上で顧客からの相談依頼を受けることも可能になります。

CFP®︎資格を取得することで、ファイナンシャルプランナーとして仕事の幅がグンと広がります。AFPと同様に、登録費や年会費が発生します。

【参照】『CFP®︎資格とは?』(日本FP協会)

FPの仕事内容

保有している資格の種類やレベルに関係なく、FPの仕事内容は多岐に渡ります。たとえば下記が挙げられます。

人生設計(ライフプラン)の立案・提案

FPは人生設計(ライフプラン)の立案・提案を行います。

生活をする上でどんな人生設計を立てるかにより、準備すべきお金の額が変わります。

ライフプラン表を作成して年単位で収支を計算することで、これからどんな方法で資産形成をすると良いかが分かります。FPはそのライフプランに基づいて最適な資金計画をご提案します。

金融資産の管理・運用方法のアドバイス

FPは金融資産の管理・資産運用のアドバイスを行います。

預貯金や株式・投資信託などの金融商品など、資産形成の手段にもいろいろなものがあります。

FPは顧客の意向やライフプランなどに応じて、どんな方法が向いているかアドバイスします。より具体的な提案として、提携している金融機関の金融商品を通じた資産運用を提案することもあります。

年金や保険、税金や不動産など資産形成の総合的な相談業務

FPは年金や保険、税金や不動産などの資産形成の総合的な相談業務を行います。

ライフプランに関わる年金制度や生命保険、税務、不動産管理や相続といった個々のジャンルについても総合的に提案します。

提案内容によってはFP以外の資格が必要になることもあり、その場合は他の士業さんと連携して業務にあたります。

FPはこんな場所で活躍できる!

ファイナンシャルプランナーはお金に関する総合的な知識を持つ専門家ですが、中には不動産分野に強い人もいれば、保険分野に強い人、投資分野に強い人など、より専門性を持って活動している人もいます。

どの分野の仕事においても共通しているのは、顧客からしっかりとヒアリングをし、顧客が求めている問題解決および顧客が気づいていない潜在的な課題の発見・説明をすること。丁寧にコンサルティングを進めていくことが大切になります。

また、FPとは働き方も多種多様な場所で活躍できる専門家とも言えます。金融業界はもちろん、他業種であってもFP資格を活かすことは可能です。ここではその一部をご紹介します。

金融業界の会社で働く

銀行や証券会社、保険会社など金融系の企業でFPとして活躍できます。

顧客の資産形成に関する相談業務ではご自身の業務範囲の視点だけでなく、顧客のライフプランを長期的に見据えたマネープランを提案できるようになり、顧客からの信頼度が上がります。FP資格を取得することで、「金融商品を売る担当者」から「お金の専門家」としてステップアップできます。

また、金融機関ではなくFP事務所に所属し、よりマネー相談業務に特化したトータルアドバイザーとして歩むという道もあります。

独立系ファイナンシャルプランナーとして働く

フリーランスとして、企業に属さない独立系FPとして活動する道もあります。

主な収入源は顧客からの相談料や、セミナーや講演会での講師料、書籍や記事の執筆料、メディアへの出演料、金融商品の販売手数料などがあります。

保険会社などと提携して具体的な金融商品を提案・販売しているFPもいれば、金融商品は販売せず相談料や講演料などを収入源としているFPもいます。ご自身が理想とするファイナンシャルプランニング業務をより実現しやすい働き方です。

士業など他の仕事と兼業して働く

FPとはお金を使ったり管理したりする時に必要な知識を幅広く持っている専門家です。そのため、税理士や公認会計士、行政書士などすでに士業資格を持ち活動している方が次のステップとしてファイナンシャルプランナーを目指すケースもあります。

FP資格の取得を通じて担当業務の周辺知識を学ぶことができ、より深い提案業務を行えるようになります。

なお、税理士や公認会計士の資格をすでに保有している方は、AFP認定研修の「税理士課程」を修了することで学科試験と実技試験は免除され、AFP資格者として認定されます。

【参照】『CFP®︎・AFP認定者を目指すためのファイナンシャル・プランナーライセンスガイド』(日本FP協会)

他業界でマネー系に強い人材として働く

金融業界だけでなく、幅広い企業においてFPの知識を活かすことができます。たとえば企業年金担当者であれば、加入者満足をさらに高める取り組みを行えます。

社員の様々な福利厚生制度についてもマネー知識が役立つ場面がたくさんあります。また、営業職であれば顧客ニーズのヒアリングや提案業務、データ分析などにもFP知識が大いに活かせます。

FP資格がキャリアをより深めるための一助となることでしょう。

FPの年収

FPの年収は、仕事内容や働き方によって異なります。

少し前のデータですが、日本FP協会が会員のファイナンシャルプランナーに対して行なったアンケート調査「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」では、個人のFPが相談料や講演・講師料、執筆や監修料で得ている年収は平均305万円と報告されています。

当時は今よりも日本におけるFPの認知度があまり高くなく、その後はアンケート調査結果が発表されていないため現在も同程度の水準かどうかはわかりません。

年収平均305万円というのはFPとしての活動年数に関わらず算出された金額です。より詳しく見ていくと、ファイナンシャルプランナー歴15年以上の方は平均902万円となっており、この層では年収1,000万円以上の人が22.2%いるという結果となっています。

また、先ほどご紹介した通り、ファイナンシャルプランナー専業で活動している方以外にも、企業内FPとして働いている方や副業として取り組んでいる方、ダブルライセンスで活動されている方など様々な立場の方がいます。

FPとは様々な働き方ができる職業です。FP以外の収入源を持ちながら活動するスタイルも選べるため、FPの年収はどんな働き方をするかによって変わってくると言えるでしょう。

FPになる方法

FPとは誰でも名乗ることができる肩書きではあるものの、本格的にファイナンシャルプランナーとして活動しようという方はFP技能士やAFPなど何らかのFP資格を取得することからスタートすることが圧倒的に多いです。

金融機関で働きながら資格取得を目指したり、資格取得までは他業界で働き、FP技能士に合格したら金融機関やFP事務所への転職を目指す、などの道があります。

企業には属さず、フリーランスのFPとして独立する方もいます。特にこれまでの人脈や仕事経験を活かせるという方は独立系FPとしてのスタートを切りやすいと思います。顧客からの相談業務だけでなく、メディアでの執筆活動やセミナー講師業など、複数の業務を掛け持ちしながら事業を軌道に乗せていくのが一般的です。

また、顧客の資産形成をサポートするべく、複数の金融機関と提携して金融商品の提案・販売を行い、金融機関から販売手数料収入を得ることも可能です。

ひとつの金融機関に所属しているよりも、提案できる投資手法や金融商品の自由度が高まるため、より顧客に合う資産形成手段を提案することができると言えます。

これらの選択肢を視野に入れた上で、ご自身に合う働き方を見つけてみましょう。FP資格をこれから取得する場合には、最低でも準備期間として3ヶ月ほど要するとイメージしておく必要があります。

今後のキャリアも考えつつ、まずはFP資格に合格するための勉強を進めていきましょう。

FP技能検定1級〜3級までの難易度と合格率を徹底解説
FP技能検定は1級から3級に分かれています。どの級も60%以上の正答率で合格となります。2級または3級はどなたでも受験できますが、1級は受検資格が定められておりすでにFP資格を保有している人が主な対象者です。
FP技能検定は独学で合格できる!合格に必要な勉強時間とオススメの勉強法とは
FP技能検定は独学で合格することが可能です。ただし、独学の場合は勉強時間や勉強法を自分で調べる必要があります。適切な方法で学習計画で勉強を行う事が重要です。

FPの魅力

FPとはどんな魅力を持つ仕事なのか考えた時、いちばんに挙げられるのは「クライアントの人生の役に立つことができる」ということです。

お金は、私たちが生きるためには欠かせないものです。ただ、現在の日本において、たとえば義務教育課程においてお金について学べる時間はごく限られたものとなっています。

生活に必要不可欠なものである一方、どうやってお金を管理していけばいいのか、改めて考えると知らないことが案外多いものです。このような状況だからこそ、FPが本領発揮します。

特にこれからの社会は、今まで以上に自分で自分の老後資金を準備しなくてはならない時代になっていきます。そのために必要な情報を提供し、顧客に合わせた資産形成方法を提案できるFPの仕事は、人を支えるライフパートナーとして今後さらにニーズが高まることでしょう。

また、FPとはご自身の人生設計にも非常に役立つ職業です。金融を取り巻く環境は常に変化していきます。

毎年のように法律の改正が行われる等、日頃からしっかりと情報収拾を行い、知識やデータをアップデートしていくことが求められる仕事です。その分、最新状況を顧客に提供しながら、自分自身のライフプラン設計にも変化を反映させることができるポジションでもあるのです。

仕事を通じて自分の人生設計にも取り組んでいける。そんな魅力がFPの仕事にはあります。

FPはこんな人におすすめ!

では、具体的に、どんな方がFPに向いているのでしょうか。実は、今はお金に強い興味を持てない方でも、FPの素質を持っていることがあります。

たとえば下記のタイプの方には向いている仕事かもしれません。

人の話を聞くことが好きな方

FPは人の話を聞くことが好きな人に向いた資格です。

FPの仕事は基本的に、顧客のニーズを伺うところからスタートします。どれだけ相手の話すことに耳を傾けられるかが、ライフプランの設計や提案の完成度を左右します。

人の話を受け止められる人はFPに向いています。

誰かの悩みを解決することにやりがいを感じる方

困っている人を放っておけない、悩みを抱える人をサポートしたいという方も、FP向きと言えます。

お金の悩みというのは人により千差万別であり、中にはとても複雑なものや家族関係に影響を及ぼしているものなどもあります。

様々な状況を紐解きながら悩んでいる方に寄り添い、一緒に解決を目指していく。それがFPの仕事です。

最新情報をチェックすることが好きな方

最新情報をチェックすることが好きな方もFPに向いています。

たとえば株価や為替は日々変動します。FPとは最新の情報を確認し、自分なりに咀嚼した上で他の人に情報提供する仕事です。

新しい制度ができた際にはいち早く調べて世の中に紹介する立場でもあります。ニュースに興味関心を持ち、日々チェックしている方であればこうした変化にも対応していけるでしょう。

もちろん、「お金」に興味があればなおFP向きであると言えます。ただ、現時点であまりピンと来ていない方でも、たとえばFP技能士の受検勉強を進めるうちにどんどん興味が出てくるということもあります。

FPを目指すにあたり、現在のマネー知識の有無やこれまでの関心度合いはあまり考慮しなくて大丈夫だと思います。

AI時代におけるFPの将来性

近年、投資やマネー管理において人工知能が活用されるシーンが増えています。いわゆる「フィンテック」と呼ばれている、金融と情報技術が融合した新たな環境構築の動きが出ているのです。

たとえばAIが過去のデータを分析して最適な資産形成方法を提案・実行してくれるというのは、人間にとってとても有益です。

特に投資の世界において、人間の感情をはさまずに適切なタイミングでお金を動かせるというのはメリットが多くあります。また、年齢や貯蓄額、家族構成などを入力するとAIが最適な金融商品やライフプランを提案してくれるサービスも登場しています。

こうした中でFPとは今後、どのような活躍が予測できるでしょうか。

AI技術があれば、人間であるFPよりも速く、正確で細やかなライフプランの作成や提案が可能です。ただ、そもそもライフプランはなぜ立てた方がいいのかを伝え、資産形成について考えるためのきっかけを作ることができるのは、人間であるFPの大きな役割です。

AIをひとつのツールとして使いながら、顧客のニーズや心情に寄り添える。そんな次世代のFPがこれから増えていくことでしょう。

FPとは人とお金、社会をつなぐ専門家

時代は日々変化していきますが、人がいて、お金を生活のツールとして使いながら暮らしていくというスタイルはこの先も続いていくことでしょう。

ファイナンシャルプランナーはお金の専門家ですが、同時に人の暮らしを支えるサポーターでもあります。

今後ますますフィンテックの動きが活発になり、より簡単に資産形成できる時代がすぐそこまで来ています。こうした環境の変化を人々に伝え、新たな制度やサービスの仕組みの中で行動することを支援し、長い時間を要するマネープランの実行をそばで見守る。

この役割を担うことができるFPとはまさに、時代とともに変化し発展していく存在と言えるでしょう。

この記事を書いた人
編集長カシワギ

士業資格の教科書編集長のカシワギと申します。コンテンツの作成とサイト運営を担当しています。士業資格のことならなんでもお任せください。

士業資格の教科書をフォローする

関連記事

FP

FP技能検定は独学で合格できる!合格に必要な勉強時間とオススメの勉強法とは

FP技能検定は独学で合格することが可能です。ただし、独学の場合は勉強時間や勉強法を自分で調べる必要があります。適切な方法で学習計画で勉強を行う事が重要です。
FP

FP技能検定1級〜3級までの難易度と合格率を徹底解説

FP技能検定は1級から3級に分かれています。どの級も60%以上の正答率で合格となります。2級または3級はどなたでも受験できますが、1級は受検資格が定められておりすでにFP資格を保有している人が主な対象者です。
FP

FP(ファイナンシャルプランナー)技能士とはどんな職業?活躍の場からなり方まで総解説

FP技能士は生きるために必要なお金に関する様々な知識を持つ人生設計の専門家です。国家試験に合格することで、FP技能士を名乗ることができます。FP技能士になると、金融関係の仕事で活躍することが可能です。
この記事をシェアする
士業資格の教科書をフォローする
タイトルとURLをコピーしました