宅建士とはどんな資格?仕事内容・年収・将来性がこれを読めば丸わかり!

宅建士とはどんな資格?仕事内容・年収・将来性がこれを読めば丸わかり!宅建士
この記事ではこれがわかる!

・宅建士とはどんな資格?

・宅建士の仕事内容はどんなもの?

・宅建士の年収は高い?低い?

・将来性が心配だけど、実際どうなの?

宅建士」は不動産業界で働くのならば取得しておいて損のないオススメ士業資格の1つです。難易度は低くありませんが、取得すれば活躍の場やチャンスが大きく広がります。

依頼者の人生に大きく関わる「不動産」という額の大きい商品を扱う仕事だからこその責任感とやりがいが得られるでしょう。不動産に興味がある人、慎重な人に向いている国家資格です。

宅建士の業務内容やなり方、収入、魅力などについて士業資格の教科書編集長のカシワギが解説します。

宅建士とは

宅建士は不動産の取引において権利関係の調査、内容説明、契約締結などの業務を担当できる国家資格です。不動産の売買や貸賃に関わる仕事に就く場合には取っておくと有利になります。

法律では、宅地建物取引業者の各事務所で従業員5人に1人の割合で資格取得者がいなければならないとしていることから、需要が安定している資格として人気です。

【参考】宅地建物取引業法(e-Gov)

また、宅建士試験の受験資格はなく、誰でも挑戦できる一方で合格率は15%~17%と難易度は高めです。不動産関係の仕事に就きたい人は取得を検討してみましょう。

なお、宅建士は長らく「宅地主任者」という呼び名が広く浸透していましたが、近年の宅建業務の高度化を背景に、平成27年(2015年)から「宅地建物取引士」と士業化し、より多くの役割と責務が宅建士に課せられることとなりました。つまり、士業になってからまだ新しい資格です

宅建士の業務内容

宅建士は不動産の紹介や内覧、説明、契約書の作成など、不動産取引に関わる業務全般を手掛けます。

土地や建物は取引金額が多く、法律も複雑です。一般の人に不動産の売買や賃貸を分かりやすく説明し、納得して契約を結ぶのを助けるために宅建士はなくてはなりません。

重要事項説明書の交付、説明

不動産取引の仲介をする際、売主・買主、貸主・借主に対して契約書と法律などの詳細を記した「重要事項説明書」を交付するのが法律で決まっています。

契約書と重要事項説明書の記名・調印は宅建士だけができる仕事・独占業務です。

一般の人に複雑な法律や不動産の決まり事、重要事項などを分かりやすく説明するのは宅建士の重要な仕事になります。宅建士なしには不動産取引が実現しません。

不動産の紹介、説明など

宅建士は不動産の紹介や内覧の案内、各種広告なども行います。

不動産の広告活動では「最安」「格安」「絶対」「日本で一番」などの表現は禁止です。法律を熟知し、広告に違反がないかをチェックするのも宅建士の仕事になります。

また、不動産の維持管理や入退去者の管理、不動産の有効活用のコンサルティングなども仕事内容です。

スムーズな不動産取引の手助け

不動産に関する法律や決まり事は複雑です。各自治体の条例などによって土地の使用の条件が細かく規定されている場合もあります。

建蔽率や容積率、隣地斜線制限、災害危険指定の有無など土地や物件には細かな決まり事がたくさんあり、一般の人がこれらを全て把握するのは並大抵ではありません。不動産の契約代金が妥当かどうかを判断するのも難しいです。

飲食店を始めようと思って土地を買ったのに建物を建てられなかったり農地にしかできなかったりなどのリスクを回避するのが宅建士の重要な役割になります。

依頼者が不利益を被らないように、納得のいく取引ができるように導くのが宅建士です。

宅建士の年収

宅建士の年収について紹介します。宅建士は難易度が高いものの「持ってさえいれば稼げる資格」ではありません。どこで活躍するのか、どんな業務に携わるのかによって年収に開きがでます。

宅建士の平均年収

宅建士の年収は320万~540万円です。大きく開きがありますが、これは務めている企業や部署、業務内容などによって収入が変わるからです。

宅建士の資格の難易度は低くありませんが、不動産業界に限って言えばそれほど希少な資格ではありません。そのため、ただ「持っている」だけでは一般的なサラリーマンと同程度の待遇になります。

歩合制で働く宅建士も多い

不動産の営業職として活躍している宅建士は固定給ではなく歩合制で稼いでいる人も多いです。

固定給+契約成立時に仲介手数料10~20%、あるいは完全歩合制で仲介手数料50%など、給料体型は色々あります。完全歩合制の場合は契約が取れなければ収入ゼロですが、一攫千金も夢ではありません。年収数千万円の宅建士もいます。

不動産は高額なので良くも悪くも景気の影響を受けやすいです。安定性を望む宅建士は完全固定給の企業を選び、一攫千金を狙いたい宅建士は歩合制の企業を選んだり独立したりします。

関連資格で年収UP

宅建士は他の不動産関連や金融関連の資格と非常に相性がいいです。

FPや建築士、行政書士、管理業務主任者、不動産鑑定士、土地家屋調査士などを取得することで仕事の幅が増え、更なる収入アップに繋がるでしょう。

宅建士になるには?

宅建士になる方法について紹介します。

受験資格はありませんが、難易度は高いのでしっかりと準備をして挑みましょう。

宅建士の資格試験詳細

2020年度宅建士の試験スケジュールは以下の通りです(新型コロナの影響により、例年と少し違います)

  1. 告知:6月5日
  2. 試験案内の配布:7月1日から7月31日
  3. 申込受付:郵送7月1日~31日、インターネット7月1日~7月15日
  4. 試験日:10月18日13:00~15:00(変更の可能性あり)
  5. 合格発表:12日2日

試験手数料:7,000円

試験場所:各都道府県に複数個所

合格率:15~17%

合格後:合格通知を受け取った後に登録をして宅建士証の交付を受けます。宅地建物取引の実務経験が2年未満の場合は登録実務講習を2日間受講しましょう。

なお、登録手数料が37,00円、宅建士証交付証の手数料4,500円がかかります。

【参考】:『宅建試験』(一般財団法人不動産適正取引推進機構

宅建士の勉強方法

宅建士の合格率は15~17%とあまり高くありません。自分に合った勉強方法でしっかりと準備をしましょう。

専門学校に通う

通学して学ぶことでモチベーションを保ちやすく、質問もしやすい環境で勉強できます。社会人向けのコースも多いです。

宅建士専門のコースならば20万円ていど、行政書士など他の資格も一緒に目指すコースならば100万円ていどかかります。

通信講座、オンライン講座

通学の手間がなく、自分のペースで勉強をすすめていきやすいです。ただし、切磋琢磨する仲間がいないので自分でモチベーションを維持していかなければなりません。

費用の相場は5~10万円程度です。

独学

市販のテキストなどで勉強をします。

数千円程度の費用で済み、リーズナブルな方法ですが、身近に質問できる相手がいない環境で勉強をすすめていかなければならないので初心者にはおすすめできません。

宅建士の魅力

宅建士はさまざまな魅力のある士業です。

宅建士の魅力を見てみましょう。

いわゆる「つぶしが効く」資格

宅建士の業務は非常に幅広いです。不動産の売買や貸賃の仲介、オーナーから委託された不動産の管理、中には土地開発で一財産築く人もいます。

固定給の事務職だけでなく、一攫千金が狙える歩合制や独立起業という働き方も選択可能です。

宅建士の資格を持っていれば不動産業界内での就職&転職で苦労しにくいでしょう。

不動産という大きなものを取り扱える

不動産は非常に高額です。一般の人にとって人生でそう何度もない大きな決断や選択をする場面になります。

宅建士という仕事はその人生の一大イベントに寄り添うことができるのです。責任は重いですが、その分依頼者からの信頼を得て無事に契約を完了したときのやりがいはたまりません。

宅建士はこんな人におすすめ!

宅建士に向いている人はどんな人でしょうか。以下で解説します。

不動産が好きな人、不動産に興味がある人

宅建士は土地や建物に関する幅広い知識が求められます。試験に合格するためにも、合格後働くためにも不動産への興味が不可欠です。

不動産に関する法律、とくに建築基準法や税制は頻繁に改正されるので不動産業界に興味を持ち、常に最新情報を身に着けていく必要があります。

慎重な人

宅建士は不動産取引の際に「重要事項説明書」を作成して権利や法律などを依頼者に説明する義務があります。

各法令をしっかりとチェックし、依頼者が不利益を被らないようにしなければなりません。これを怠ると信用にかかわるどころか損害賠償問題にまで発展します。

不動産は大きなお金が動き、人の人生を左右するのを忘れずに慎重に取り組まなければなりません。

AI時代における宅建士の将来性

不動産の取引にも今後ますますAIが導入されていくことが予想されます。不動産取引でAIの活躍が主に予想されるのは不動産価格の査定です。

宅建士はこのAIの情報収集や査定能力を利用し、顧客にアドバイスや提案をしていくことでより取引をスムーズに進められるようになるでしょう。

宅建士の仕事はAIとすぐに競合するようなものではありません。今後はより良いサービスの提供にAIを役立てる工夫が求められます。

まとめ

宅建士は不動産の契約の際になくてはならない仕事です。不動産契約の際に必要な「重要事項説明書」を唯一作成できます。

法律で宅地建物取引業者の企業には5人に1人以上の割合で資格保持者を配置する義務があるので就職先もある程度安定が見込めるでしょう。

しかし、宅建士を持っているだけでは大きく稼げません。ですが、歩合で稼いだり他の相性の良い資格を取得したりすることで同年代のサラリーマンの収入を大きく上回るのも可能です。

今後もAIを利用するなどしてよりきめ細かなサービスが期待されている士業と言えます。

この記事を書いた人
編集長カシワギ

士業資格の教科書編集長のカシワギと申します。コンテンツの作成とサイト運営を担当しています。士業資格のことならなんでもお任せください。

士業資格の教科書をフォローする

関連記事

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

この記事をシェアする
士業資格の教科書をフォローする
タイトルとURLをコピーしました